通販で買えるトリキュラーとアフターピルの違いについて考えてみよう

\90秒で注文完了/トリキュラーの購入はこちら
通案を利用した女性 人気の低用量ピルの1つ、トリキュラー。

避妊薬』といわれることもありますが、トリキュラーは避妊以外の効能のために使われることもよくあります。

トリキュラーをはじめとする低用量ピルは、それだけ女性の生活や体にとって重要な役割を持っています。

ピルとよばれる薬において、最も有名なのは低用量ピルかもしれません。低用量ピルが一番多く広い場面で活用されるピルだからです。

なぜ低用量ピルが一番多く活用されるのでしょうか?

今回はトリキュラーとアフターピルを比較して、それぞれの特性や違いに注目してみました。

通販で買える低用量ピル・トリキュラーとアフターピルの違い

通案を利用した女性アフターピルという名前を聞いたことがありませんか?

トリキュラーほどの知名度ではありませんが、アフターピルも産婦人科で取り扱われるピルの1つです。

しかし、トリキュラーとアフターピルはそもそも使用目的や使い方にかなりの違いがあります

トリキュラーはよく知っているけどアフターピルは一度も使ったことがない、という人がいても不思議ではありません。

低用量ピルのトリキュラーと違い、アフターピルはここぞという時にだけ使われるアイテムだからです。

アフターピルとは

アフターピルのイメージアフターピルは、1錠あたりに黄体ホルモンを多量に配合して作られています。

このピルの役割は、避妊に失敗して妊娠するかもしれない体に作用を起こし、妊娠を防ぐことです。

避妊が不十分だった、上手くいかなかった性行為の後にアフターピルを服用すると、急速に成分が吸収されて体の状態を変化させます。そして、結果的に妊娠しづらい体内環境を作って妊娠の可能性を防いでくれるというものです。

この効果から、緊急避妊薬やモーニングピルともよばれることがあります

アフターピルは、性行為から72時間以内に服用するとほぼ確実に避妊できるので、緊急時にはできるだけ早く産婦人科で処方を受けなければいけません。

この72時間とは、受精から着床までかかるおよその時間を指しています。

トリキュラーとアフターピルに見られる違い

アフターピルの効能だけを挙げても、実際に使ったことのない人にとっては少しイメージしづらいかもしれません

トリキュラーとアフターピルを比較したときにはっきりわかる違いを検証していきます。

配合された成分の内容と分量

まず、トリキュラーには2種類のホルモンが配合されています。

また、低用量ピルには『卵胞ホルモンが0.05mg以下含まれる』という定義があります。トリキュラーは1錠あたり卵胞ホルモン0.03mgと黄体ホルモン0.05mgの成分量になっています。

有効成分の量を少なくすることで、体への影響を最小限に抑えているのです。

対してアフターピルに含まれているのは、黄体ホルモンの一種類だけです。さらに、1錠あたり1.5mgという分量で配合されています。

1錠を飲んだだけでもかなり多量のホルモン成分が吸収されることになり、低用量ピルに比べると体への負担が大きくなりがちです。

それぞれの必要な場面

カップルのイメージトリキュラーは、毎日定期的に飲むことで常に避妊が完了した体をキープします。あらかじめ避妊トラブルに備えておくことが目的、ともいえるかもしれません。

毎日忘れずに飲み続けることが重要です。

一方でアフターピルは、避妊が間に合わなかった性行為の後に使います。トリキュラーの効能では到底間に合わない場合の避妊対策では、アフターピルが活躍します。

つまり、頻繁に使うことを想定して作られたものではなく、あくまで緊急時に飲むものです。

このような使い方を目的にしているので、アフターピルは作用が大きくても副作用の症状がずっと続いたりする心配はありません

ピルとしての効果の現れ方

トリキュラーの効果は避妊だけではなく、月経関係や美容関係の悩みにまで作用しています。

トリキュラーの効果は体内環境を変えるだけでなく、ホルモンバランスを安定させて体のあらゆる機能にプラスの作用を与えるものです。

アフターピルの効果は、一度に大量のホルモンを飲むことで急速に体内の状態を変化させます。受精できないよう、また受精卵が着床できないよう環境をすぐ整えてくれるというものです。

そのため月経や美容への効果にはほとんど期待できないので、避妊以外の目的で使うのは避けるべきでしょう

価格

トリキュラーと同じく、アフターピルも通販で取り扱いがあるピルです。

価格としては、トリキュラーが一箱あたり約1,200円なのに対してアフターピルは一箱あたり約1,300円です。

このように見るとあまり価格差がないように感じますが、トリキュラーは一箱あたり一周分(21~28錠)でアフターピルは一箱1回分(1錠)を指しています。

アフターピルは1錠あたりが高い価格になっていることが多いピルですが、トリキュラーは一箱分の錠剤が揃っていないと十分な効果を発揮できないので、避妊効果の強さを考えると平等な価格と言ってもいいかもしれません。

しかし、産婦人科で買うトリキュラーは一箱で約2,000円なのに対して、アフターピルは1錠あたり5,000円以上かかることもめずらしくありません。

このように、病院で購入すると価格差が大きく見られやすくなります。

トリキュラーの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました