低用量ピル選びに迷ったらトリキュラー

\90秒で注文完了/

トリキュラーの購入はこちら

薬を見つめる女性避妊・健康・美容のために低用量ピルの服用を考えている女性は多いと思いますが、実は低用量ピルにはいろいろな種類があり、商品によって得意分野が違います

そのため、どうして低用量ピルを使いたいのか?という目的に応じて自分に合った低用量ピルを選ぶ必要があります。

 

「初めての低用量ピルだから何を選べばいいか分からない・・・」

 

そんな女性にまずおすすめしているのはトリキュラーという低用量ピルです。

トリキュラーは病院で最も処方されている低用量ピルで、様々な用途で使えますし副作用が起こりにくいので万能です。

 

当サイトでは、万能低用量ピルのトリキュラーについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

トリキュラーってどんな低用量ピルなの?基本情報まとめ

ピルの画像トリキュラーはメジャーな低用量ピルなので、使ったことがなくても名前は聞いたことがあるという女性も多いかと思います。

ただ、飲んだことがなければ一体どのような低用量ピルなのか?わからないと思いますので、ここでわかりやすくトリキュラーの基本情報を学びましょう。

 

主な効果・効能

トリキュラーには黄体ホルモンのレボノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが配合されている低用量ピルです。

これらを摂取することで体内の女性ホルモン濃度が高まり、妊娠している状態と同様のホルモンバランスに近づけます。そうすると体内では排卵が抑制され、結果的に妊娠を防ぎます。

 

有効成分

レボノルゲストレル0.05mg エチニルエストラジオール0.03mg

低用量ピルの種類

第2世代 3相性ピル

世代…黄体ホルモンの種類や開発順

相性…1周期中のホルモン配合量の違い

 

低用量ピルの世代は第1~4までありますが、トリキュラーを含む第2世代の低用量ピルは、第1世代に比べて女性ホルモンの含有量が少なく、生理日のコントロールや不正出血のリスクが低いです。また、ホルモン配合量が3段階に分かれて増減しているため、自然のホルモン変動に近く、体への負担が少なくなっています。

 

製薬会社

バイエル薬品(Bayer)

 

バイエルは150年以上の歴史があるドイツの大手製薬会社です。

世界各国に企業を展開しており、日本ではバイエル薬品株式会社として展開しています

バイエルはトリキュラー以外にも低用量ピルのダイアン35やED治療薬のレビトラも開発した製薬会社として非常に有名です。

 

 

万能ピルと呼ばれるトリキュラーの効果とは

トリキュラーに限らず、低用量ピルといえば「避妊のために使われるお薬」と認知されていますが、実はトリキュラーは避妊だけでなく様々な効果があります。

 

避妊

低用量ピルは毎日継続服用することで、妊娠中と同じホルモンバランスにして妊娠を防止します。

正しく服用すれば避妊成功率はほぼ100%で、これはコンドームを使用したときよりも高い避妊成功率です。

特にコンドームはメジャーな避妊方法ですが、男性が使用してくれない場合には避妊できません。ですが、トリキュラーを服用していれば男性が避妊してくれなくても妊娠の心配は不要です。

まだ妊娠を望んでいない女性はトリキュラーを服用するべきと言えるでしょう。

 

生理トラブル

生理前・中・後はホルモンバランスの変化によって、下腹部痛・むくみ・頭痛・便秘・イライラ・不安…など様々な症状が現れやすくなります。

ただし、トリキュラーを服用することによって乱れた女性ホルモンバランスが整いますので上記のような症状が改善されます。

また、子宮内膜を薄くする作用もあるので、休薬期間の消退出血量は通常の生理と比べて少なくなります。

 

生理日コントロール

低用量ピルはホルモンバランスを整えるだけではなく、生理日を移動させることもできます。

低用量ピルの種類によって生理日の移動方法は異なりますが、トリキュラーの場合には生理日を休薬期間にもってくることで生理日を移動できます

ただし、この方法で生理日をコントロールする場合には生理初日5日以内にトリキュラーを服用する、1ヶ月前にはトリキュラーの服用を開始しておく必要があります。

 

月経困難症・子宮内膜症治療

本来、低用量ピルは避妊だけでなく、月経困難症や子宮内膜症治療に用いられるお薬です。

月経困難症や子宮内膜症は女性ホルモンの過剰分泌が要因となっていますので、トリキュラーを服用することで女性ホルモンの分泌が正常に戻ります

 

女性特有の病気予防

トリキュラーを服用することによって排卵が抑制され、卵巣や子宮へのダメージが少なくなります。そのため、女性特有の子宮体がん、卵巣がんといった病気のリスクを低下させられます

他にも大腸がん、骨粗しょう症予防にも効果があると言われています。

服用期間が長くなるほど病気の発生リスクは低下しますので、トリキュラーを服用している女性はいつまでも健康で過ごせるでしょう。

 

トリキュラーは楽天・Amazon・Yahooの通販サイトで買える?

通案を利用した女性トリキュラーは病院で処方してもらえる低用量ピルです。

自費診療にはなりますが、病院で診察を受ければその日のうちに処方され、飲み始めることができます。

病院によってまとめて処方してもらえる量は違いますが、毎回病院へ行くのは面倒…、病院で検査を受けるのは面倒…。

そうした時に考えるのは、「通販では買えないのか?」ということです。

何でも扱っている大手通販サイトの楽天・Amazon・Yahooであれば、トリキュラーも売っているハズ。

 

ただ、残念ながら大手通販サイトでもトリキュラーは取り扱われていません

というのも、トリキュラーは処方箋が必要なお薬なので、必ず医師の診察を受けなければ処方してもらえません。

つまり、トリキュラーは病院でしか手に入らないお薬ということになります。

 

しかし、個人輸入代行サービスの通販サイトであれば、トリキュラーの取り扱いがあります。

というのも、個人輸入代行サービスは海外の医薬品を発注するので、国内通販とは仕組みが違います。

そのため、病院へ行かなくてもネットからトリキュラーを注文できるのです。

個人輸入は難しそうな印象ですが、代行業者が欲しい商品を発注して手続きを行なってくれますので全く難しくありません。利用方法は日常的に利用する通販サイトと変わりません。

 

つまり、国内の大手通販サイトではトリキュラーを購入できませんが、個人輸入代行の通販サイトであれば購入できますので、病院へ行けない・行きたくない方は通販を利用しましょう。

 

トリキュラーを通販で購入する3大メリット

病院で処方されるトリキュラーは、個人輸入代行という通販でも購入可能です。

どちらを利用するも個人の自由ですが、通販には大きなメリットが3つあります。

 

通販の薬は圧倒的に安い

通販サイトでは、トリキュラーをはじめとする多くの海外医薬品を取り扱っています。

しかも、その多くはジェネリック医薬品で、日本の病院で処方してもらうよりも安いです。

トリキュラーに関しては、病院処方の場合は1シート約2,500円ですが、通販の場合は1シート約1,200円

しかも、通販であれば診察料や指導料は発生しないので、かなり費用を抑えられます。

 

スマホさえあればいつでもどこでも注文OK

ネット通販は基本的にスマホやパソコンがあれば、時間や場所を問わず利用できます。

通院する場合には、待合室での順番待ちや病院へ行くまでの通院時間がかかりますが、通販であれば数分あれば注文は完了します。注文した商品も自宅や郵便局など指定した場所まで届けてくれますので便利です。

 

まとめ買いができて便利

病院によってある程度まとまった分のトリキュラーを処方してくれますが、定期的に検査を受ける必要がありますし、全く通院しないわけにはいきません。

ですが、通販を利用すれば病院へ行くこと無くトリキュラーを購入できます。しかも、通販サイトにはまとめ買い割引がありますので、便利だけでなくお得というメリットもあります。

 

トリキュラー通販にはデメリットも・・・

妊娠してしまったyぞ静通販は非常にお得で便利なサービスですが、メリットがあるものには当然デメリットもあります。

 

商品が届くまで時間がかかる

通販は、スマホで注文すれば指定住所まで商品を届けてくれる便利なサービスです。ですが、注文してから商品が届くまでには時間がかかります。

しかも個人輸入代行の通販となれば、発送元は海外ですから国内通販よりも到着に時間がかかります。お届期間は通販サイトで確認できますが、目安は2週間です。

急いでトリキュラーを手に入れたい場合には通販は不向きでしょう。

 

何があっても自己責任

個人輸入は個人が利用する目的であれば自由に利用できます。ですが、何かトラブルがあっても自己責任となります。

とくにトリキュラーをはじめとするお薬は、用法用量を間違えると健康被害が出る恐れがあるので注意が必要です。

心配な場合には、まずは病院で診察や検査を受けた上で通販を利用するようにしましょう。

 

偽物リスクが潜んでいる

個人輸入代行サイトの増加に伴い、悪質業者の数も増えています。入金したのに商品が発送されないといったトラブルもあれば、偽物を送りつけてくるトラブルもあります。

届いた薬が偽物だった場合には、効果が得られないだけでなく健康に影響する恐れがあります。

そのため、利用する前には安全な通販サイトかどうか見極める必要があるでしょう。

 

病院と通販のトリキュラーの違いはある?

病院で処方してもらえるトリキュラーと通販で購入できるトリキュラー。どちらも同じ商品ですが、全く同じモノではありません。

そうなると、安全で効果が高いトリキュラーを選びたいですよね。

ここでは病院と通販のトリキュラーは何が違うのか?違いをまとめています。

 

日本製と海外製

日本の病院で処方してもらえるトリキュラーは全て日本製で、バイエル薬品株式会社が製造・販売をしている商品になります。

一方、通販のトリキュラーは海外製で、同じ製薬会社のバイエル社が製造・販売をしている商品になります。

製造・販売国はそれぞれ異なりますが、元の会社は「バイエル」と同じなので品質は同じです。

 

見た目

日本製トリキュラーと海外製トリキュラーは見た目が大きく異なります。

パッケージのデザインも全く違いますし、日本製は日本語表記、海外製は製造国の言語で表記されています。

錠剤の見た目は変わりませんが、日本製の場合には服用順を間違えないようにカレンダーシールが付属、海外製の場合にはカレンダーシールは付属されておらずシート裏面に服用順が印刷されています。

 

添加物

製造国が違うことで、製造過程に使用される添加物には若干の違いがあるようです。

とはいえ、有効成分は同じエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが使用されていますので、効果に差はありません。

 

通販のトリキュラーが気になったら注文してみよう

トリキュラーの画像個人輸入には少し不安があるという女性も知識があれば安心して利用できます。

利用方法に関しては一般的な通販サイトと何ら変わりありませんので心配は不要ですし、信頼できる通販サイトに出会えばトラブルが起こることもないでしょう。

これまでトリキュラーを服用していた方もはじめてトリキュラーを服用される方も、お得に手軽に試したいなら通販を利用してみてはいかがでしょうか?

 

トリキュラーの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました